国民共済で上手に保険を管理して、いざというときに備えましょう

民間保険の現実

  • HOME »
  • 民間保険の現実

国民共済|失敗する保険共済保険と民間保険の理想と現実について考えてみた事が有りますか? 共済の特徴と民間保険の違いをよく理解した上でご自身の立場を考慮すれば、どちらを選択した方が有利なのか、理解できるでしょう。

通常、生命保険会社は万が一に保有している資産以上に保険の支払い義務が生じた場合に備えて、保険会社自身が別の保険(再保険)に入っていますので、保険金が支払われないという事はありません。

一方、共済保険の場合には、相互扶助の精神の基、みんなで持ち寄ったお金をプールし、万が一の事態が起こった人に分配する、というしくみですから、万が一に陥った人への支払いが共済の資産以上に成れば破綻します。

掛け金を毎月払う立場から考えると、ご自身の身に降りかかる病気、あるいは万が一の事故による怪我のリスクを毎月、保険料を払う事によりこれらのリスクを分配していると言えますが、こういった面を考えると共済と民間保険の違いは同じ意味を持つと言えますが、実は両者のもっと違う面にあります。

ただ、しくみは生命保険の場合には、生命保険会社と契約者は1対1の関係ということになります。生命保険会社は、もし保険金の支払額が会社の限度額を超えていても、個人の契約者に保険金を支払わなければいけません。

余った分は余剰金として分配されます。ただ、支払う保険金が限度を超えた場合には支払うお金がないため、支払えません。そういった場合に共済の契約者を保護するしくみもないそうです。

制度自体が非営利事業

これは、共済という制度自体が非営利事業であるために、破綻しにくいだろう、という前提なので、保護する必要が少ないとされているからだそうです。けれど市や県のレベルでは破綻した共済の例もあり、母体の大きな共済だから安全かと言えば、全くそうとは言い切れない可能性もあります。

また、以前には「共済は若い間は掛け金も安くお得感はあるが、60歳以降の入院給付金が少ない場合やなくなるなど、いざ保障が必要な時期になって保障が薄くなってしまう」と言われていました。

しかし、全労災では人々のニーズに合わせて、保障期間が終身である医療特約などを新発売したりと、生命保険との差を埋めようとしてるとも言えます。

その医療保障のなかでも特定疾病などの場合に80歳までの枠を設けたりするのは、共済でも生命保険でも変わらず、個々の商品によって違いますので、加入を考える時には、細かな特約まで自分でチェックすることがお勧めです。


お気軽にお問い合わせください。 TEL 000-000-0000 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 国民共済|失敗する保険加入 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.