国民共済で上手に保険を管理して、いざというときに備えましょう

共済の意味

  • HOME »
  • 共済の意味

56326このサイトでは、国民共済のメリットやデメリットに関する除法をお伝えしていますが、国民共済の根本的な考え方と成る共済について考えてみましょう。共済とはどのような物の事を言うのでしょうか? 共済の代表的な物としましては、CO・OP共済、JA共済、全労災、都道府県民共済などがあります。

これらに共通して言える事は、営利を目的とせず、組合員同士の助け合い(相互扶助)という理念の下に事業活動をおこなっていると言う事です。そこが民間の保険との大きな違いの一つではないでしょうか?

では、組合員同士が助け合うとはどのような事か簡単にご説明しますと、共済の特徴として、保険に加入するには出資金を払って組合員になる必要があります。将来起こりうる万が一の事に備え、組合員があらかじめ一定の金額を出資して協同の財産を準備します。

そして万一共済事故が発生したときにはそこから共済金を支払います。つまり、組合員の誰かが困ったときに、他の組合員が全体で助けるという仕組みなのです。これが相互扶助の考えなのです。

更に共済は月々の掛け金が安い事が大きな特徴として挙げられますが、それにつきましてはどのように考えるのが良いでしょうか?掛け金が安いと言う事は大変魅力的な事です。しかし一生涯掛ける保険としては少し不安に思う方も多いと思います。

そのような場合は御自分がかけられている保険の上乗せとしてお考えになるのも良いかもしれません。一つの保険に絞るのではなく様々な保険を検討比較し、良い所だけを上手く利用するのです。

とは言いましても簡単な事ではないと思いますから、まずはご自分の保険の補償内容をきちんと把握し今本当に必要な保障なのかなど確認する事も大切だと思います。その上で、賢く共済を上手く利用していけたらよいのではないでしょうか。


お気軽にお問い合わせください。 TEL 000-000-0000 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGETOP
Copyright © 国民共済|失敗する保険加入 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.