国民共済で上手に保険を管理して、いざというときに備えましょう

共済の比較

  • HOME »
  • 共済の比較

6779542共済が生命保険に比べ掛け金が安い事は前の記事でもお話し致しました。では、実際共済への加入を考える際どの共済に加入したら良いのでしょうか? 代表的な物としましては、CO・OP共済、JA共済、全労災、都道府県民共済などがあります。

人はそれぞれ年齢や生活スタイルが違いますから、自分に合う保険と言うのも違うのは当たり前です。また、同じ人でも生涯のうち環境が変われば保険を見直す必要があるでしょう。

大切な事はこれらの内容をきちんと把握し、比較検討する事です。似たような商品でも少しずつ内容も違います。例えば、共済各社によって、月々の掛け金も違えば、保障が適用される年齢も違います。

また、保険を決める際に重要視してしまう入院に関する保障も、一日あたりいくら支給されるのか、とか保障日数も微妙に違います。更に通院に関しましても同じ事が言う事が出来ますから注意が必要です。

更に万が一死亡してしまった時に支給される額も差があります。家族が死亡してお金をもらっても嬉しくないと思う方も多いと思いますが、保険と言うのは掛けている本人が、お葬式にかかる費用などで家族に迷惑をかけないよう残したお金でもあります。ですから慎重に考えるべきなのです。

例えば、一家の大黒柱である夫に万が一の事が合った時、どの保険に入っていれば残された家族に不自由をかけないのか。考えたくないような事ですが実は大切な事ではないでしょうか?

このように保険を決める事は簡単な事ではありません。保険相談窓口などでプロに相談して御自分に合った保険選びをすることをお勧めします。


お気軽にお問い合わせください。 TEL 000-000-0000 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGETOP
Copyright © 国民共済|失敗する保険加入 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.