9633245国民共済の火災保険について…近年、私達の身近に起きている自然災害。病気や怪我とは違い、残念ながら防ぐ事ができません。適切な火災保険に加入し、万が一の時に経済的に困る事のないように備えて置くことが、日頃私達が出来る対策だと思います。

しかし、出来れば誰しも必要なオプションなどもつけても、少しでも掛け金を安くしたいと思うのではないでしょうか?火災保険と一口に言いましても、その保障内容や用途によって様々な種類があります。

中でも国民共済の火災保険は、幅広い補償内容と、手ごろな掛け金、再取得価格で支払い、住まいや必要にあわせた補償内容を選べる事などから、人気のある商品です。

全労災の火災保険は大きく分けて2種類あります。自然災害補償付き火災共済と、社会貢献付きエコ住宅専用火災共済です。自然災害補償付き火災共済は、火災だけでなく、風水害、落雷、盗難まで幅広くバックアップしてくれます。

また、掛け金につきましても、火災共済のみ、鉄筋コンクリートの場合、契約共済金額1,000万円で月々の掛金は350円からと、大変安いのも魅力です。

社会貢献付エコ住宅専用火災共済は、全労災の指定するオール電化を初めとしたエコ設備の設置された住宅専用を対象とした火災共済です。保障内容は通常の「火災共済」と同じで、1口あたりの年払掛金が木造で2円、鉄筋で1円割引になるようです。

また、毎年の決算状況に応じて保険金の一部を環境活動団体へ寄付する仕組みになっています。大まかな説明でしたが、火災保険に加入する際は一社だけでなく、何社か比較して決める事は大事だと思います。大切な家族や、家を守るための火災保険、慎重に検討したいものです。